2018年07月26日

「魔女」とオカルト 日本の場合

「魔女狩り」は西洋での出来事ですが、日本の場合はどうなのでしょうか。

日本では、キリスト教的な「魔女」観念はなかったので、文字通りに、同じ現象というのはありません。しかし、同じような意味合いをもつ出来事を、2つほどあげることができます。

1つは、江戸期の頃、「犬神」「狐」などの、「憑き神」が家に憑いている(または飼っている)とされ、「憑き物筋」と呼ばれて、様々な差別を受けた人たちがいました。

この人たちは、家に憑いている(飼っている)「憑き神」を、操って、他人に飛ばして、憑けて、様々な災厄をもたらすとされたのです。

「憑き神」を操って、様々な現象を起こすなどは、「式神」を操る「陰陽師」として有名な、安倍晴明と同じで、まさに「呪術師」そのものです。「魔女」と非常に近いものがあります。「魔女」とは違いますが、「憑き神」という民間の信仰が、そのようなものを支えていたのも同じです。

これらの人たちは、つき合いや婚姻が制限されるなど、陰に陽に、様々な差別を受けました。しかし、決定的に「魔女狩り」と違うのは、殺害されたわけではないということです。村の外れで、一応、村の一員として、暮らすことはできていたのです。また、この「憑き物筋」は、もっぱら排除されたわけではなく、村の秩序を保つ一定の役割も担ったのです。

たとえぱ、「憑き神」に憑かれて病気になった者を、祈祷師が「憑き神」に、憑いた理由を質しつつ、癒すことは、村全体の癒しにもつながることでした。また、村の掟を破るような、はみ出し者を、「憑き神」により、懲らしめる役目もあったのです。

このような、「憑き物筋」については、ブログ『狂気をくぐり抜ける』の記事、『日本の憑きもの』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-6390.html )に詳しく述べているので、ぜひ参照してください。

何しろ、信仰形態としては、「魔女」と近いものがあり、特に、西洋で、「魔女」のイージの元となった、民間の占い師、治療師に近いことが分かると思います。実際、この「憑き物筋」も、かつての伝統的なシャーマンの名残そのものです。

その扱いが、近代の前の江戸期には、かつてと違って、大いに差別的で、マイナスイメージのものになっていたのは、西洋の場合と一緒です。ただ、徹底的に排除されるまでには、至らず、一定の条件のもとに、暮らして行くことが、許されていたということです。これは、キリスト教の影響で、徹底的に「悪」と結びつけられることはなかったこと。村において、一定の役割が認められ、抑えつける「管理」もなされていたので、それ以上に、村人たちの「排除」の意思を被らなかったこと、が原因と思われます。

しかし、もう一つの方は、かなり壮絶です。私も、『身分差別社会の真実』(講談社現代新書)という本で知るまでは、知らなかったものです。それは、明治期に、政府によって、「えた・ひにん」などの差別を廃止する布令が出されたときに、民衆がそれに反対して、「えた・ひにん」の部落に押し寄せて、多くの人を残虐に惨殺したという事件です。「解放令反対一揆」ともいわれます。

政府が「えた・ひにん」などの差別を廃止するというのを、民衆の方が拒んだということです。拒んだだけでなく、残虐に惨殺したのです。西洋のように、異端審問所や宗教裁判所が刑としてなしたのではなく、民衆自体が手を下したというのも、壮絶です。ただし、規模は、もちろん、「魔女狩り」とは大きく異なり、日本の中の、特に西日本の地域で、一時期、広まった現象です。

「えた・ひにん」と呼ばれた人たちには、様々な者がいましたが、その中には、「清目」といって、不浄なものを「清める」役目をした人たちがいました。それは、不浄なものを「祓う」特別な力をもつ、とみなされた人たちです。かつては、畏れ、敬われたのですが、この時期には、差別の対象となり、身分としても、住処としても、民衆と区別されました。他にも、「芸能民」など、かつては、神と交わる、特別な力をもつと畏れられた人たちが、多かったようです。

その意味では、やはり、「憑き者筋」の場合と似ています。伝統的なシャーマンの要素を残している人たちです。ただ、「憑き物筋」の場合と比べると、その要素はかなり減退しているし、村の一員として認められていなかったのが異なります。

それを、政府が、差別を排するということは、村人に、村の一員として住まわせることを強制することなので、それに対する反発が一気に沸騰したのでしょう。しかし、その残虐な殺害のあり方は、ただならぬことで、西洋の「魔女狩り」そのものであることに注目すべきです。

そこには、それらの人たちを、根こそぎにしたいという思いすら、感じさせるものがあります。その動機も、「魔女狩り」の場合と、ほぼ同じといえます。つまり、そのようにして、「特別の力をもつ」人たちを、村の一員とすることにより、不幸がもたらされることを恐れたということです。既になされた不幸ではなく、これから起こると予想される「不幸」の原因とみなされるところは、「魔女狩り」と違っていますが。

「憑き物筋」の場合は、殺害されるまでには、至りませんでしたが、それは、先にみたとおり、もはや村の中で、一定の条件のもとに、許容され、抱え込まれていたからでしょう。しかし、「えた・ひにん」の場合は、それまで村の人たちからは、隔離されていた人たちであり、いきなり、村の一員として迎え入れるなどは、難しかったのでしょう。

この辺りのことは、『狂気をくぐり抜ける』の記事、『日本で「魔女狩り」に相当する事件 (http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-5962.html )に詳しいので、参照ください。

いずれにしても、結局、日本の場合も、「オカルト」的なものを体現する人たち、あるいは、「オカルト的なもの」そのものに対しても、強力な嫌悪があり、それを排除しようとする意思があったことは、明白といえます。それも、やはり、近代の前後の時期に、強く現われているのです。

ただ、西洋の場合のように、明白に「悪」の観念と結びつけられることがなかったため、支配的な層から民衆まで、一体となって、徹底的に排除されるまでには至らなかったということです。また、西洋の場合に比べれば、そのようなものを認めて、受け入れる姿勢も、強かったといえます。ただし、「解放令反対一揆」にみるように、一旦、その排除の意思が、多くの者によって爆発したときは、その激情に任せて、見境もなく、徹底的かつ残虐に、実行されることもあるのです。これは、日本の特徴といえそうです。

このように、日本においても、近代の時期以来、「オカルト」的なものの排除の意思は、ずっと続いているというべきです。

近代になってからは、そのような排除の意思の対象になるのは、特に、「超能力者」といわれる人が多いようです。明治期には、福来友吉という東大の学者が、念写や透視などの超能力を現した何人かの超能力者を実験して、その能力を「証明した」とされたこともありました。しかし、その後、様々なバッシングを受けて、自殺した能力者が出て、福来も大学を追われてしまいました。

昭和期に、出口なおや出口王仁三郎の興した大本教の、大々的な弾圧がありましたが、それもやはり、「オカルト的なもの」の排除という面が強いでしょう。また、最近では、超能力少年として有名だった、清田君なども、バッシングの対象になることが多かったです。

このような、排除の発想がある限り、「オカルト」的なものを、正面にすえて、研究しようとしても、なかなか難しいことでしょう。

これまで、「オカルト全般」についての、前置きのような内容の記事が多くなりました。次回は、「オカルト」の具体扁として、先に少し触れた、「超能力」をとりあげてみたいと思います。

posted by ティエム at 21:52| Comment(0) | オカルト全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

「魔女」とオカルト

前回の記事で、オカルトに対しては、多くの人に、独特の「嫌悪感」があると言いました。それで、オカルト的なものに対しては、無意識のうちにも、排除しようとする傾向が生まれます。ときに、それは、暴力的な行為となって現われることもあります。それを、象徴するのが、「魔女狩り」という出来事です。

「魔女狩り」は、西洋で、「魔女」として摘発された多くの人たちが、宗教裁判にかけられ、虐殺された事件です。裁判では、拷問を受け、自白を迫られるので、「魔女」として摘発されれば、結局、ほとんどの人が、火あぶりにかけられて死ぬことになりました。

この出来事に関して、注意すべきことが二つあります。

一つは、「魔女狩り」が最も激しく起こったのは、16世紀から17世紀、つまり、近代に入るすぐ前の時期だということ。もう一つは、教会や異端審問所が裁判と刑を実行したのは事実ですが、「魔女」として摘発するのは、一般の市民であり、一般の人たちこそが主導した出来事だということです。

「魔女」とは、「悪魔」と結託して、人間に対して、様々な不幸をもたらす者を意味します。この「魔女」も「悪魔」も、当時、多くの人に、当たり前のように信じられていました。そこには、もちろん、教会による宣伝などの、影響はあります。しかし、その信仰は、根の深いもので、決して、とってつけられたような、浅いものではありません。

「魔女として摘発する」というとき、それは、単に抽象的に、そう「みなした」というのではなく、多くの場合、「魔女」が行うとされる行為の、「目撃証言」が伴っています。魔女同士で集まって、「サバト」と呼ばれる夜宴(集会)をしていたとか、ホウキに乗って、空を飛んでいたなどです。

まさに、おどろおどろしい、「オカルト」そのものです。そのような、「魔女」が、当時の人々に、「リアル」に信じられ、身の周りに起こる、様々な「不幸」の原因とみなされたのです。そして、そうみなされた人たちが、次々と摘発されたのです。

このような「魔女」のイメージの元になったのは、村のはずれに住む、占い師であり、呪術や薬草によって、病気を癒す老婆だったといわれます。要するに、昔ながらの、伝統的なシャーマンの名残です。『千と千尋の神隠し』に出て来た魔女も、そんなイメージでした。

このような「魔女」も、占いによって運命をみ、呪術的な力で病気を癒すなど、やはり、「オカルト」的なものを多分に身にまとっています。ただし、かつては、そのようなものは、多くの人に、頼られ、力添えとなっていたのです。ところが、この時代には、キリスト教信仰の強力な普及もあり、邪悪なものとして、「悪魔」と結びつけられて、貶められることになったのです。

呪術的な力、あるいは「オカルト」的な力というものは、それをどう使うかによって、人々の生活の糧になる面もあれば、不幸をもたらす面もあるのは事実です。この当時には、様々な社会不安もあって、その「不幸をもたらす面」ばかりが注目され、異様に拡大されたと言えるでしょう。

そして、その「不幸をもたらす面」が、一身に、「オカルト」的なものを体現する、「魔女」に押しつけられて、貶められたのです。単に、「貶められた」というだけでなく、実際に、「なきもの」にすべく、惨殺されたのです。そこには、凄まじいばかりの意思が、働いていたというべきです。

これは、「オカルト」的なものを体現する、「魔女」をなきものにすることによって、「オカルト的なもの」そのものを、「なきもの」にできるかのように信じたということです。しかし、当然ながら、実際には、そうはなりませんでした。

実際、「魔女狩り」の対象は、単に、伝統的な「魔女」だけでは足りず、ありとあらゆる、異端者やはみ出し者にまで、拡大されます。「オカルト」的なものの暗躍は、それでも、一向に止むことがなかったからです。そして、最終的には、隣の誰々さんも、「呪い」によって、家の不幸をもたらす「魔女」と疑われ、摘発される事態にまで発展します。

ここまで至ると、事実上、誰もが「魔女」として告発される可能性があることになります。このまま、「魔女」を告発し続ければ、全体として、「共倒れ」になる可能性があることに、誰もが、気づかざるを得なくなっていたということです。

実際、ここに至って、「魔女狩り」という出来事は、一気に終息に向かうことになります。そして、その後に、近代という時代が起こっているのです。近代とは、「理性」の時代であり、「科学」の時代の始まりでもあります。

それは、「魔女狩り」という出来事を、「非合理」なことと、根本的に反省して、起こったのでしょうか。そんなことはありません。近代は、「魔女狩り」の終息とともにすぐ起こっているので、そのようなことが、一気になされるはずもありません。

「魔女狩り」については、そのやり方では、「オカルト的なもの」そのものを排除できないばかりか、それを押し進めていけば、結局は、「共倒れ」になるということを悟っただけなのです。

近代のあり方も、実際には、「オカルト」を「なきもの」にしようという方向性は、変わっていません。だから、実質的には、「魔女狩り」の延長として起こっているとすら言えるのです。ただし、そのやり方は、より洗練され、少なくとも、見かけとしては、「暴力的」なものではなくなりました。それは、「理性」によって、「オカルト的なもの」そのものを、「なきもの」とするというやり方です。

「魔女」だけでなく、「オカルト的なもの」そのものを、全体として、「ないこと」にしてしまおうとしたのです。その結果として、「不幸」は解消され、幸せが到来すると信じられたのです。

しかし、そのためには、その後も、「オカルト」的なものを何らかの形で、身に漂わせる者は、その入り口のところで、徹底的に排除し、社会に入り込ませないようにする必要があります。つまり、「魔女」としてではなくとも、「理性に反する者」として、「狩られる」必要は、相変わらずあったのです。その役目を担ったのが、そのような者を、「病気」として、病院に「隔離」した、精神医学です。

このあたりのことは、前にもあげた、ブログ『狂気をくぐり抜ける』の記事、『「精神医学」と「オカルト」的なもの 』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-6b32.html)、及び、『「病気」ということの「イデオロギー」的意味』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-5403.html )に詳しく述べているので、ぜひ参照してください。

いずれにしても、「オカルト」的なものを「嫌悪」し、「なきもの」にしようとするあり方は、「魔女狩り」の出来事以来、ずっと続いているということです。そして、そのために、人間は、相当の努力と労力を払い続けて来ているのです。

かつては、「オカルト的なもの」そのものは、強力に信じたうえで、その力を体現する者を、「なきもの」にしようとしました。しかし、それが、成功しないので、近代には、「オカルト的なもの」そのものを、信じないで済むように、「理性」の力で、全体として締め出そうとしたといえます。

しかし、それも、結局は行き詰まり、失敗に終わろうとしていることが、明らかになりつつあるのではないでしょうか。そして、そうであればあるだけ、依然としてなくならない、「オカルト的なもの」を排除しようとする意思は、より強力になっているのではないでしょうか。それは、かつてのような、あからさまな「魔女狩り」に通じるものにも、なりかねません。所詮、その意思は、「休戦状態」のまま、眠り続けていたのですから。

結局は、「オカルト」を避けるのではなく、正面にすえて、それに対して、どのような態度をとるのか、明確にしない限り、このような事態は、解消されないと思う次第です。

※  「魔女狩り」については、主に、度会好一著 『魔女幻想』(中公新書)を参照しています。この本は、どんな出来事があったかだけではなくて、民衆の「魔女幻想」の背景に踏み込んでいて、参考になります。
posted by ティエム at 13:28| Comment(0) | オカルト全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

「スピリチュアル」との関係

「オカルト」と似た領域を表す言葉として、「スピリチュアル」というのがあります。しかし、この「スピリチュアル」は、「オカルト」とは、随分意味合いが異なっています。

「スピリチュアル」は、「霊的なもの」あるいは、「霊性」とか「精神性」などを意味する、かなり漠然とした言葉で、「物質的なもの」に対抗して出て来ています。その意味では、「反科学」または「非科学」として、科学と対抗する意味合いをもつ、「オカルト」とも通じるものがあります。

しかし、これには、「オカルト」のように、「否定的」で、「おどろおどろしい」イメージは、ほとんどないでしょう。「スピリチュアル」は、かなり多くの人、それも若い人に、「市民権」を得られつつあると言えます。

日本では、一時期テレビで活躍した、霊能者江原啓之の影響も大きいと思われます。かつて、「霊的なもの」といえば、祟る「霊」や、不幸をもたらす「霊」がイメージされ、「おどろおどろしい」面が強かったのです。しかし、「スピリチュアル」は、「霊的なもの」が、「物質的なもの」では得られない、精神的な意義をもたらし、生きて行くうえでの、糧となる面があることを、明らかにしました。「霊的なもの」の「光」の面を、明らかにしたとも言えます。

私も、その意義は認めますし、「オカルトの基本を学ぶ」ことに、このような「スピリチュアル」の面も含めていいと思います。

ただ、このブログでとりあげるのは、「スピリチュアル」ではなく、あくまで「オカルト」であるということに、拘りたいと思います。その理由は、簡単に述べれば、次の3つになります。

1 単に、「物質的なもの」に「対抗」するというだけでなく、「物質的なもの」も含めた、全体としての「存在」や「現象」の、根底にある(働く)「隠れたもの」を、浮き上がらせることをも目指したいということ。つまり、「本来の意味のオカルト」を、取り戻したいということ

「スピリチュアル」は、19世紀の英国に興った「心霊主義」に発しており、「物質的なもの」あるいは「唯物論」という価値観に、対抗する意味合いが強いものです。それは、独特の価値観を含み、キリスト教的な信仰心や倫理観も含みます。

それが悪いわけではないし、また、このような領域の探求には、必要な場合もあるでしょう。しかし、科学が飛躍的に発展した現在では、改めて、「物質的なもの」との関係も見直しつつ、全体としての「存在」や「現象」の根底にあるものに、迫る必要も出て来ています。そこでは、「スピリチュアル」というものを超えて、さらに深く、客観的、総合的に考察する必要もあると思います。

2 「霊的なもの」の「闇」の面、あるいは「危険」な面をも、率直に見つめる必要があること。それには、「スピリチュアル」では足りないこと。

先に、「スピリチュアル」は、「霊的なもの」の「光」の面を、明らかにしたと言いました。それに対して、「オカルト」は、多分に、「闇」の面を含むと言えます。「魔的」な面と言ってもいいです。だからこそ、「おどろおどろし」くもあり、「危険」な面もあるのです。

前回みたように、それとの接触が、「精神的な病」とみなされるような混乱や苦悩をもたらすのも、そのような面があるからこそです。しかし、多くの場合、そのような「闇」の面こそが、「霊的なもの」との接触の「契機」となり、「入口」となるのです。

「スピリチュアル」は、そのようなものに惑わされないような、「霊性的」な態度を説きはします。しかし、本当に「闇」の面を克服するには、その「闇」の面そのものについて、十分に知ることも必要でしょう。その点では、「スピリチュアル」には、足りないものがあります。

その意味でも、「オカルト」そのものを、学ぶ必要があると思います。

3 「オカルト」への嫌悪感を克服するには、「オカルト」そのものを問題にする必要があること

これは、上の2と同じようなことですが、ちょっと視点を変えて述べます。最初の記事でみたように、近代の時期に、「オカルト」は「捨てられた」と言えるのですが、それは、とりもなおさず、多くの人が、「オカルト」に対して、独特の「嫌悪感」をもってたからです。

それは、もちろん、「オカルト」には「闇」の面があり、「おどろおどろし」く、人の目を背けさせるものがあるからです。それ自体は、確かなことなのですが、だからと言って、「オカルト」を「なきもの」とし、正面から見つめることを回避していたら、いつまでも、それを克服することにはつながりません

「スピリチュアル」は、「光」の面を強調することで、それに目を向けさせることに、ある程度成功しました。しかし、「オカルト」そのものへの嫌悪感は、まだまだ強いと言えます。

私は、このような「オカルト」への嫌悪感が克服されるためにも、むしろ、あえて「オカルト」そのものを問題とし、正面からとりあげることが必要と思うのです。
posted by ティエム at 23:47| Comment(2) | オカルト全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「オカルトの基本を学ぶ」とは?

以上でお分かりと思いますが、「オカルトの基本を学ぶ」というのは、もちろん、オカルト的な現象をただ拾い集めて、面白おかしく語るというものではありません。また、そのような現象について、単に、真実を究明したり、考察するというだけのものでもありません。しかし、だからと言って、「オカルト」の領域にマニアックに突き進み、深く探求していくというものでもないのです。

最初の記事で述べたように、「オカルト」については、「科学との関係」ということを抜きにしては、本当には、語れないところがあります。あるいは、「科学との関係」をしっかり見直さないで、「オカルト」のみで突き進むことには、本当に危険な面があります。オウム真理教にもありましたが、一見「科学的」に見えながら、実際には「疑似科学」そのもので、「オカルト」の偽装でしかないようなものもよくあります。それは、「科学との関係」が、本当には見直されていないことから、来ていると思います。

また、前回、「精神医学」は、実効的な意味で、「オカルトを捨てる」発想を支える、強力なイデオロギーだと言いました。しかし、だからといって、「精神的な病」とされるものが、実際には、ただ「オカルト的なもの」に惑わされているだけで、何ら「病的」ではないというわけではありません。むしろ、「オカルト」的なものが、実際に、「危険な力をもったもの」であるが故に、それに惑わされることは、社会的には、「病的」と評されることにもなるような、危険な状態をもたらすのです。

そのようなことも踏まえれば、「オカルトの危険性」にも、十分目を配って行かなくてはなりません。「オカルトの危険性」を重視するからこそ、「オカルト」を、「基本からしっかりと学ぶ」ことが、重要なことにもなるのです。

そういうわけで、「オカルトの基本を学ぶ」と言っても、ことはそう簡単なことではありません。「科学との関係」や、それを問うことの意味自体を、顧みて行うとなると、「歴史的」な考察や「哲学的」な考察も必要となります

このように、これまであまりなされたことのない試みであり、意欲的な試みなのですが、できる限り、分かりやすく、誰にも分かるような表現を目指すつもりです。
posted by ティエム at 23:32| Comment(0) | オカルト全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の体験から

私が、そのように考えるにいたったのは、自分自身のいくつかの経験にもよっています。

もともと、私は、10代の頃は、「科学」を信奉する者で、「オカルト」的なものは一切否定する考えでした。しかし、20才の頃、オカルト方面の本を読んで、一概に否定できないという思いを抱いたことや、自分自身、いわゆる「体外離脱」を連続的に体験するなどし、科学的に割り切れない現象は確かにあるという考えになりました。

さらに、私のもう一つのブログ『狂気をくぐり抜ける』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/)で述べているように、30才の頃、私自身、「オカルト」の強い作用を受け、「オカルト真っ只中」というべき体験を、することになりました。それは、数カ月に及ぶもので、様々な混乱と苦悩を経て来ました。一般には、それは、「統合失調」や「解離」などの、「精神的な病」として理解されるものではあります。「精神医学」が、そのような見方を支える役目を果たしています。しかし、私の経験からすると、それは、どうしても、「オカルト」抜きに理解することは、無理のものでした。

そのような体験を経て、私は、「オカルト」は確かに存在するということ。それは、決して、遠いところにあるのではなく、誰もが、いつ体験してもおかしくない、身近なところにあるということ。それに惑わされて混乱することこそが、「精神的な病」といわれるものの、実質であることを知りました。

つまり、「精神的な病」といわれれるものは、実際には、「オカルト」的なものと接する、最も身近な「機会」であり、「入口」なのです。ところが、「精神医学」という学問が、それを「病気」とし、「治療」の対象とすることで、そこから、「オカルト」的なものを、閉め出しています。必ずしも、「科学」そのものが、「オカルト」を否定しているわけではないのです。「精神医学」そのものは、「科学」といえるものか、怪しいものですが、イデオロギー的な意味で、「オカルトを捨てる」ということに、最も貢献しているのです。

『狂気をくぐり抜ける』のブログでは、『「精神医学」と「オカルト」的なもの 』(http://tiem.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-6b32.html)という記事が、このあたりのことを主題として述べていますので、是非参照してください。

ともあれ、それ以来、「オカルト的なものに惑わされる状態」の多くは、「病気」として処理され、「治療」の対象とされます。

しかし、それで、問題が、本当に解決するはずもありません。「病気」として「治療」の対象としても、「オカルト的なものに惑わされる」こと自体が、なくなったり、減ったりするわけではないからです。そもそも、「オカルト」そのものが「なきもの」とされている限り、このようなことは、検討される余地すらありません。

その意味でも、現在は、「オカルト」そのものを、正面から問う必要が出てきていると思います。

いずれにしても、「オカルト」的なものが、本当に身近な問題として問われるのは、自分自身が、その作用を受けたときでしょう。そのようなとき、「オカルト」について知ることがないと、混乱を深めることにしかならないと思います

『狂気をくぐり抜ける』のブログでは、そのような「狂気」の状態を、かなり根源的に考察しています。ただ、一般には、難しいと思われる部分も多く、「オカルト」については、多く触れられていますが、基本的なところから説き起こすことはしていません。

そこで、このブログでは、「オカルト」そのものについて、基本に溯って、分かりやすく学ぶということを、企図しました。
posted by ティエム at 23:08| Comment(0) | オカルト全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする