2020年01月30日

境域の守護霊との出会い―私の場合と「オルラ」の例

今回は、「境域の守護霊」との出会いの実際の例として、私の場合と、モーパッサンの小説『オルラ』に描かれた、「オルラ」の例をみてみます。

私の体験は、ブログ『狂気をくぐり抜ける』の記事『 12 初めの「引き金」体験 』から、『22 「闇」ないし「虚無」との接触』までに詳しく述べられています。「境域の守護霊」のことは、記事『14 「幻聴」から「幻視」へ』当たりから、述べています。

記事では、この存在のことを、「背後の存在」と呼んでいます。実際、場所としては、自分の背後にいるものとして感じることが多く、また、常に自分と近しいものであることは感じていました。ただし、常に背後にいたわけではなく、別の場所で、遭遇したこともあります。

ある時期から、その存在を直に「感じる」、「声を聞く」ということは、しょちゅう起こっていましたが、姿形を視覚的に「見る」ということは、それほど多くはなかったと思います。

シュタイナーは、「妖怪じみた姿」として出会われると言いますが、確かに、映画『ゴーストバスターズ』に出て来るゴーストのような、不気味な姿で現れることはよくありました。一方、私自身の昔の姿(ただし、身長は1メートル少しかない)で、出会ったこともあり、何と、当時普段着として愛用していたウインドブレーカーを着ていました。

もちろん、恐ろしい面はあるのですが、私の場合、恐怖をそれほど感じなかったのには、明白な理由があります。それは、この存在との出会いに先だって、他の存在が、明らかに他者的で、悪魔的な存在として、現れ出ていたからです。(記事では、「アール」及び「ルーシー」と呼んでいます。)そのような存在との出会いが、明白に恐怖をもよおすものだったので、それとの対比で、それほど恐怖を感じることなく済んだということです。

私は、いろいろ攻撃を仕掛けて来る、他者的な存在を、「敵」とみなしていて、それとの対比で、背後の存在を、「味方」とみなす、というより、決めつけていました。そのような恐ろしい状況では、(さらに敵を増やすことなどしたくなく)とても、そうしないではいられなかったというのもあります。

しかし、既にみたように、常に「自分に近い」ものを感じていた、言い換えると、どこか「安心できる」ものを感じていたのは事実です。ただし、自分自身そのものではないのは明白で、はっきりと、自分とは別である、一つの生きた存在ということは、意識させられます。

「声」としても、自分が言いそうなことを言うのではないし、性格等も、かなり違います。恐ろしい面はありますが、非常に、いたずら好きな、「トリックスター」的な面があり、ユーモアがあるのです。「アニマ」と呼んだ、妖精的な存在も、よく一緒にいたのですが、その存在とは、よく子供のように戯れていました。

ある意味、「愚か」でどうしようもない風でもありますが、私は、それを、「余裕」と解していて、このような存在が味方ならば、きっと大丈夫だ的な見方もしていました。かと思うと、前回の記事でもみたように、非常に高貴で、崇高な面が背後に透けて見えることもあるのです。これは、「大守護霊」としての面が、現れ出ていたと思われます。何しろ、容易には捉え難い、多面的な存在なのです。

多分、私も、このような存在と、初めに出会っていたら、恐怖の方が先だっていたと思います。実際に、後に、悪魔的な存在とは、ある程度「決着」がついて、それほど怖いと思わなくなった頃には、この存在の、「底の知れなさ」のようなものがみえて来て、逆に、こっちの方が恐ろしくなって来たということがあります。他者的な存在を呼び寄せたのもこの存在で、むしろ、実質的に支配さえしているのではないかという疑いも持ちました。

私は、当時は、「境域の守護霊」などというものは知らなかったし、「自分自身が生み出した存在」とも思っていませんでした。ただ、繰り返すように、「自分自身に近しい存在」というのは常にあったのと、ある種の「守護霊的な存在」というのは、希望的にも、持ち続けていました。しかし、いずれにせよ、実際には、「分からない」としか言いようのないもので、その「分からなさ」が、恐怖をもたらす面は、常にありました。(これは、当時出会っていたすべての存在について言えることですが、この存在については、特にそれが言えるのです。)

今現在はと言うと、この存在については、やはり、シュタイナーのいう「境域の守護霊」というのが、ピッタリ来ます。何か、他の存在というよりも、やはり、私自身の生み出した存在で、過去と未来の、自己の全体を反映するものということで納得ができます。やはりこれも、他の他者的な存在と比較することで、なし得る認識ということができます。

シュタイナーは、「境域の(小)守護霊」は、自らが導かなければならないと言いますが、私は、ほとんどそれができてはいませんでした。と言っても、決して振り回されたのではなく(これも、他者的な存在に十分振り回されていたので、この存在については、そうならなかったに過ぎない面がありますが)、一種「傍観」するような感じでいたことが多いです。

ちなみに、この「境域の守護霊」は、現在も身近に存在しているし、声を聞くことも多いです。ただ、相変わらず、一種「傍観」するようなことが多く、私から働きかけることはほとんどないし、向こうも、特に私に対して、どうこうしようということもないような関係です。恐ろしい面もほとんどなく、かといって、特に高貴な面を見せるでもなく、とても安定していると言えば言える状態です。

今後、どのように発展して行くかは、未知数ですが、ともに、成長に向かっていると信じたいです。

次に、モーパッサンの「オルラ」の例をみてみます。

モーバッサンの怪奇小説『オルラ』は、「境域の守護霊」との鬼気迫るような出会いを、迫真的に描き出しています。モーパッサンは、実際に精神を患って、入院したのですが、この「オルラ」との出会いは、事実に基づく部分が多くあると感じます。私の例との対比でも、とても興味深いものがあります。

モーパッサン(以下「主人公」)は、ある時から、非常な違和感とともに、何かある存在が身近にいて、自分を乗っ取ろうとしているような感覚に襲われます。そして、その姿が見えるわけではないですが、水を入れておいた水差しに、水がなぜかなくなっていたり、食事を置いていた机から、なぜか牛乳だけなくなっているような体験をします。主人公は、とても怯えますが、何か他の見えない存在がそうしたのだとはとても信じ難く、自分が夢遊病状態に陥ったのだとして、納得しようとします。

また、バラ園に行くと、自分が持ったわけでもないのに、バラが一輪上に持ち上げられて、目の前でもぎ落とされるのをはっきりと見ます。主人公は、非常に驚き、恐れますが、これも幻覚なのだとして何とか納得しようとします。ところが、もはや自分の意志というものが失われていき、何者かに乗っ取られている感覚は、疑いないものとなって来ています。

その後、あらゆる超自然的存在について、調べるべく、本を読んでいましたが、うとうとしていると、机の上の本が勝手にめくれていくのを、はっきりと見ます。そして、もはやこのときは、自分ではなく、他の見えない存在が本を読んでいるのを、はっきりと感じ取ります。そして、その存在が、自分のことを「オルラ」と名乗ったように感じます。

それは、かつて「地の精、生霊、神霊、仙女、妖怪」など、あらゆるおぞましい形で呼ばれていたものですが、その実態がつかめていなかった存在です。しかし、こうして自分の前に現れた「オルラ」は、もはや人間にとって代わる存在で、人間が牛や馬に対してしていたように、人間を所有し、奴隷にし、しかも食するものと感じます。

主人公は、この存在を殺さない限り、自分が殺されると思いますが、この存在には体がないので、殺すことはできないことに気づきます。そして、最後に、「ということは自分自身が死ぬのだ」という言葉を残して、この小説は閉じられます。

この「オルラ」は、非常に恐ろしいものに仕立て上げられていますが、多くの点で、私の場合と共通するものがあります。主に、「背後にいる」ように感じられるのも、いたずら好きな、「トリックスター」的な面も、私の場合と共通しています。主人公は、「自分を乗っ取る」と言っていますが、実質、自分と近い存在のはずなのです。

主人公は、このオルラについて、初めは、漠然と存在を感じるだけですが、それに、様々に想像を膨らまし、また、いろんなものを投影して、とても恐ろしいものに仕立て上げてしまったのです。

しかし、実際に、この存在が、主人公に仕掛けたことをみてみると、それは、超常的なものであるのは確かとしても、ある種「ユーモア」に満ちた、トリックスター的な「悪戯」というべきものが多いのです。

水差しの中の水や牛乳だけを、なぜか飲んだり、バラを持ち上げて主人公の前でもぎ落としたり(これらは、主人公の意志を読んで、先取的に行ったものと解せます)、あらゆる超自然的な存在のことの書かれた本を、自らが読むというのも、皮肉を含んだ、「悪戯」的な行為と言えるでしょう。

ただし、私も、このような存在を、近くに感じるだけで、恐ろしいのがよく分かるし、他者的な存在が、明白に現れ出ていない分、この存在に、恐怖する面が一身に浴びせられ、さらに、「悪魔的」な存在の性質まで、投影されていたのが分かります。

私も、先に他の存在に出会っていなかったら、これに近いことになっていたような気もします。

ただ、このような結果に陥ったのは、「オルラ」が何かしたからだと言うよりも、主人公が、自ら恐怖に突き動かされて、思考と想像を膨らませて、「自爆」して行ったのです。自分に近い存在ではなく、完全な他者的な存在として、自分を乗っ取るものと思ってしまったからです

このような存在を、「境域の守護霊」として認識できることが、いかに重要なことかが分かるでしょう。

しかし、それは、まさに、「境域の守護霊」としてみれば、「霊界の境域」に入る準備がなく、ふさわしくない者を、追い返したということになるのだと言えます。

なお、『狂気をくぐり抜ける』の記事、『「実体的意識性」と「オルラ」』でも、このオルラとの出会いについて述べていますので、そちらも参照ください。

posted by ティエム at 02:06| Comment(0) | 境域の守護霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

「境域の大守護霊」について

今回は、「境域の大守護霊」について述べます。前回にも、ある程度触れており、ざっと、みておくだけのつもりでしたが、「境域の小守護霊」との対比をはっきりさせるためにも、ある程度は詳しく述べることにしました。

「境域の小守護霊」は、過去の総決算としての自己が、自分の外に霊的な存在として、生み出されたものでした。その形姿は、「低次」の性質を反映して、「妖怪じみた」ものともなります。

それに対して、「境域の大守護霊」は、いまだ顕現せざる、未来の「進化」した自己が、外的な存在として現れ出たものです。それは、「高次」の性質を反映して、高貴で光輝く形姿をしています。ただし、準備なくこれと出会う者は、それに圧倒されて、「恐ろしい恐怖感」、「底知れぬ不安」を感じることにもなります。

こう対比すると、「低次の自我」(の現れ)=「小守護霊」、「高次の自我」(の現れ)=「大守護霊」という風に思われるかもしれません。しかし、シュタイナーは、あくまで、「良い面、悪い面を含めた」意味での、過去の総決算が「小守護霊」であり、未来のあるべき理想の姿が現れるのが、「大守護霊」だと言います。現にある「自己」としての「低次の自我」や「高次の自我」が、そのまま「小守護霊」や「大守護霊」というわけではありません。

ただ、シュタイナーは、「進化」または「霊的成長」ということを当然の前提にしているので、事実上、「小守護霊」は 「低次の自我」を多く反映し、「大守護霊」は「高次の自我」を多く反映することにはなるはずです。

「境域の小守護霊」は、その、ときに醜悪な形姿を通して、本人に自己認識を与え、いかにそれを、よき姿へと変化させなくてはならないか。そして、それを自らが導いていかなければならないか、を明らかにしていました。

それに対して、「境域の大守護霊」は、その変化の先にある、「理想」の姿を見せることによって、本人に、進むべき方向を導くものです。

「境域の小守護霊」は、霊界の境域に入って、思考・感情・意志の分裂が、「アストラル体」または「エーテル体」のレベルでなされる頃に出会われるのでした。それに対して、「境域の大守護霊」は、思考・感情・意志の分裂が、肉体レベルにまで及んだ頃に、出会われるとされます。

それは、思考・感情・意志の分裂が、より進むと同時に、高次の意識によって、それらの統制が、十分にできるようになった頃を意味します。あるいは、霊的な世界との合一が進んで、もはや感覚的なものに左右されることがなくなった頃、さらには、霊的な事象において、個人的なものを排して、客観的に判断できるようになった頃ともされます。

要は、「低次の自我」が、ほとんど克服されて、「高次の自我」が十分に働くようになった頃ということになると思います。それは、とりあえず、境域に入って間もなく出会われる可能性のある「小守護霊」と違って、相当のレベルまで進んで初めて、出会われるものということになるでしょう。

実際、シュタイナーは、これとの出会いも、「物語形式」で、綴っていますが、それは、次のようなものです。

おまえは感覚世界からの束縛を脱し、超感覚的世界の市民権を獲得した。今後は超感覚的世界から働きかけることができる。おまえは自分自身のためには、現在所有しているおまえの肉体を、もはや必要としない。おまえがこの超感覚的世界に住むことだけを求めるとすれば、もはや感覚世界の中に帰る必要はないであろう。

しかし私の姿を見なさい。そして今日までおまえが作り出してきたすべてのものに比べて、どれ程この私の姿が限りなく崇高に見えるか、あらためて考えなさい。おまえが感覚世界に生き、その中で獲得してきた能力によって、おまえは現在の完成段階にまで到達した。

しかし今からおまえは、解脱によって得た力をこの感覚世界のために役立たせねばならない。これまでおまえは自分自身の救済のみを計ってきた。解脱した今、感覚世界に住むすべてのおまえの仲間たちの救済のために働かねばならない。これまでおまえは一人の人間として努力してきた。これからは全体の中に自分を組み入れる必要がある。そしておまえだけではなく、感覚世界に生きる他のすべての人々をも、超感覚的世界へ導こうと努めねばならない、その過程でいつかはおまえも、私の姿と合一することができよう


内容は明確であり、特に、説明は不要でしょう。もはや、この感覚世界から解脱し得るという状況での、進むべき方向の選択が問題となっているのです。

まるで、ブッダが悟った後、そのまま涅槃に入ろうとしたときに、人々を教え導くべく、説法をしてくださいと諭す、梵天との出会いのような話です。あるいは、大乗仏教で言う「菩薩」の道そのもので、いわゆる「不住涅槃」(あえて涅槃に入らない)のあり方そのののような話でしょう。

しかも、「境域の大守護霊」は、このような道に進まず、自らの「浄福感」のみを求めて、解脱しようとする方向は、「黒い道」であり、 結局は、人々が自分の上を通り過ぎて行き、自分はそこから閉め出されることになる、とまで言うのです。

実際、シュタイナーも言うように、その方向は、自己の利己的な欲望を適えることには違いないですが、「黒い道」とまで言うのには、首を傾げたくなるでしょう。

しかし、ブログ『狂気をくぐり抜ける』の記事『「霊的な方向」と「ルシファー」との関わり』でも述べたように、実は、このような誘惑は、霊的な方向を進もうとする者には、非常に強いもので、そこには、「ルシファー存在」の強力な働きかけもあるのです。シュタイナーも、本当に「誘惑」と言えるような「誘惑」は、実は、この誘惑のほかにはないと言います。

実際には、自己の欲望を突き進めるものでありながら、自分では、より高い段階へと進むものだと誤信されてしまうことも、厄介なことです。かつてのオウムにもあったように、カルト的な宗教団体には、つきものの出来事です。

これは、霊的な方向に進もうとするとき、必ず伴う大きな問題なので、「境域の大守護霊」が、光り輝く姿を見せつつ、そのような方向ではなく、全体を導く、より崇高な、進むべき道を指し示すことは、非常に重要なことと、シュタイナーも考えていることが分かります。

実際、この「境域の大守護霊」は、「キリスト」そのものだったことが分かるともされています。もはや、「高次の自我」という、個人的なものを超えた、集合的、あるいは全体的な(一種「神的」な)存在となっているのです。「高次の自我」として、ある段階に達したとしても、さらに、そのような段階にまで、進むべき方向が示されるということです。

ただ、繰り返すと、このようなことは、「低次の自我」がある程度克服されて、「境域の小守護霊」の姿がかなり変化し、「高次の自我」が十分働くようになった段階で、「小守護霊」に代わるようにして、「大守護霊」の姿が、いわば、非常に純化された形で、現れ出たものと解すべきです。

しかし、「境域の大守護霊」が、「自己の未来の姿」であるとすれば、それは、必ずしも、このように純化された形でなくとも、境域に入って、相当の時期に、その都度、現れ出る可能性はあります。それは、前回にもみたように、「境域の小守護霊」と重なるようにして、あるいはその背後に、垣間見られるということもあるのです。実際、私の場合はそうでした。

それで、「境域の守護霊」は、「恐るべき面」があると同時に、「高貴」で「崇高」な面も同時にのぞかせるので、私は困惑し、捉え難い思いもずっと持っていました。

シュタイナーの言うような、純化されたものだけが「境域の大守護霊」だと思っていると、やはり困惑するものがあると思うので、あまりそれに捕らわれずに、要するに、「自己の未来像」であり、「境域の小守護霊」と重なるように現れ出ることもある、ということを押さえておくことも必要と思われます。

いずれにしても、「境域の守護霊」は、全体として「自己」の生み出した、自己の鏡のような像なのであり、その醜悪な面は自己が導いて変えていき、崇高な面は、自己の未来像として、励みや導きの糸としていくことが、求められるということです。

posted by ティエム at 18:30| Comment(0) | 境域の守護霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする