2018年07月10日

「スピリチュアル」との関係

「オカルト」と似た領域を表す言葉として、「スピリチュアル」というのがあります。しかし、この「スピリチュアル」は、「オカルト」とは、随分意味合いが異なっています。

「スピリチュアル」は、「霊的なもの」あるいは、「霊性」とか「精神性」などを意味する、かなり漠然とした言葉で、「物質的なもの」に対抗して出て来ています。その意味では、「反科学」または「非科学」として、科学と対抗する意味合いをもつ、「オカルト」とも通じるものがあります。

しかし、これには、「オカルト」のように、「否定的」で、「おどろおどろしい」イメージは、ほとんどないでしょう。「スピリチュアル」は、かなり多くの人、それも若い人に、「市民権」を得られつつあると言えます。

日本では、一時期テレビで活躍した、霊能者江原啓之の影響も大きいと思われます。かつて、「霊的なもの」といえば、祟る「霊」や、不幸をもたらす「霊」がイメージされ、「おどろおどろしい」面が強かったのです。しかし、「スピリチュアル」は、「霊的なもの」が、「物質的なもの」では得られない、精神的な意義をもたらし、生きて行くうえでの、糧となる面があることを、明らかにしました。「霊的なもの」の「光」の面を、明らかにしたとも言えます。

私も、その意義は認めますし、「オカルトの基本を学ぶ」ことに、このような「スピリチュアル」の面も含めていいと思います。

ただ、このブログでとりあげるのは、「スピリチュアル」ではなく、あくまで「オカルト」であるということに、拘りたいと思います。その理由は、簡単に述べれば、次の3つになります。

1 単に、「物質的なもの」に「対抗」するというだけでなく、「物質的なもの」も含めた、全体としての「存在」や「現象」の、根底にある(働く)「隠れたもの」を、浮き上がらせることをも目指したいということ。つまり、「本来の意味のオカルト」を、取り戻したいということ

「スピリチュアル」は、19世紀の英国に興った「心霊主義」に発しており、「物質的なもの」あるいは「唯物論」という価値観に、対抗する意味合いが強いものです。それは、独特の価値観を含み、キリスト教的な信仰心や倫理観も含みます。

それが悪いわけではないし、また、このような領域の探求には、必要な場合もあるでしょう。しかし、科学が飛躍的に発展した現在では、改めて、「物質的なもの」との関係も見直しつつ、全体としての「存在」や「現象」の根底にあるものに、迫る必要も出て来ています。そこでは、「スピリチュアル」というものを超えて、さらに深く、客観的、総合的に考察する必要もあると思います。

2 「霊的なもの」の「闇」の面、あるいは「危険」な面をも、率直に見つめる必要があること。それには、「スピリチュアル」では足りないこと。

先に、「スピリチュアル」は、「霊的なもの」の「光」の面を、明らかにしたと言いました。それに対して、「オカルト」は、多分に、「闇」の面を含むと言えます。「魔的」な面と言ってもいいです。だからこそ、「おどろおどろし」くもあり、「危険」な面もあるのです。

前回みたように、それとの接触が、「精神的な病」とみなされるような混乱や苦悩をもたらすのも、そのような面があるからこそです。しかし、多くの場合、そのような「闇」の面こそが、「霊的なもの」との接触の「契機」となり、「入口」となるのです。

「スピリチュアル」は、そのようなものに惑わされないような、「霊性的」な態度を説きはします。しかし、本当に「闇」の面を克服するには、その「闇」の面そのものについて、十分に知ることも必要でしょう。その点では、「スピリチュアル」には、足りないものがあります。

その意味でも、「オカルト」そのものを、学ぶ必要があると思います。

3 「オカルト」への嫌悪感を克服するには、「オカルト」そのものを問題にする必要があること

これは、上の2と同じようなことですが、ちょっと視点を変えて述べます。最初の記事でみたように、近代の時期に、「オカルト」は「捨てられた」と言えるのですが、それは、とりもなおさず、多くの人が、「オカルト」に対して、独特の「嫌悪感」をもってたからです。

それは、もちろん、「オカルト」には「闇」の面があり、「おどろおどろし」く、人の目を背けさせるものがあるからです。それ自体は、確かなことなのですが、だからと言って、「オカルト」を「なきもの」とし、正面から見つめることを回避していたら、いつまでも、それを克服することにはつながりません

「スピリチュアル」は、「光」の面を強調することで、それに目を向けさせることに、ある程度成功しました。しかし、「オカルト」そのものへの嫌悪感は、まだまだ強いと言えます。

私は、このような「オカルト」への嫌悪感が克服されるためにも、むしろ、あえて「オカルト」そのものを問題とし、正面からとりあげることが必要と思うのです。
posted by ティエム at 23:47| Comment(2) | オカルト全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ティエムさん「オカルトの基本を学ぶ」のブログ開設おめでとうございます。
さっそく読ませていただきました。
あえて「オカルト」という言葉を使うティエムさんの意図には同意できます。
私の印象では、日本では、オウム真理教のサリン事件以降、「宗教的」「霊的」世界を公に語ることが難しくなって、その代わりに「スピリチュアル」という言葉が、オウムのような怪しい、危ないものではないということを表す都合のいい言葉として台頭してきたように思えます。
やはりそこでもティエムさんのおっしゃるように、「霊的なもの」の「闇」の面、あるいは「危険」な面の排除が意図されていたように思えます。
でもやはり今の時代は、闇の力、悪の力が非常に強くなっていると思いますので、それを無視していたのでは、その力に巻き込まれ、利用されるだけですので、対抗するためには、あえてそれを意識化していく必要があると思います。
その意味で「オカルト」という言葉を使われたのは、すごいなと思います。これからの展開を楽しみにしております。
Posted by nomad soul at 2018年07月14日 22:42
nomad soulさん、ありがとうございます。

あえて「オカルト」という言葉を正面に出した意図を、よくくみとって頂きました。

「スピリチュアル」に関して、まったくそのとおりと思います。

さらに言うと、その元となった、オウム真理教自体、やはり、本当に「オカルトの闇」をみつめることが欠けていたからこそ、あのような事件につながったのだと思います。
この点も、また記事で、述べていきたいと思います。

Posted by ティエム at 2018年07月15日 13:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください