2019年07月31日

科学的観点から捉えられた「気」

前回みたように、気功師の発する気について、科学的観点から、様々な研究がされたことがあります。NHKのドキュメント番組でも、特集が放映されていたのを覚えています。

特に、東京電機大学町好雄、日本医科大学品川嘉也両博士の研究が、有名です。いずれも、興味深く、その研究によって、様々に分かったことがあります。(町好雄『「気」を科学する』東京電機大学出版局、品川嘉也『氣功の科学』カッパブックス 参照)

町氏は、サーモグラフィーによって、気功師が気を発するときに、体表面の温度の上昇(2度から5度)がみられることを明らかにしました。それは、「ツボ」と呼ばれる場所を中心にして、周囲に広がります。そして、それは、気功を受ける人にも伝えられ、同様の反応をもたらす、つまり、同調されることも発見しました。

通常、体表面の温度は、自律神経のコントロール下にあるので、意志により上昇することはありません。従って、この事実は、気そのものを捉えたものではないにしても、気と呼ばれる何らかの作用が、確かにあり、それが受ける側にも伝えられたことを、はっきりと物理的に捉えられる形で、示したことになります。

氏は、この体表面の温度の上昇をもたらすものを、電磁波の一種である「遠赤外線」として捉えることにも成功します。ところが、それは、非常に微弱なものなので、それ自体がエネルギーとして、相手方に作用を起こすとは、とても考えられません。しかし、氏は、その遠赤外線には、1ヘルツ前後の低周波や音波のシグナルが含まれている(乗っている)ことを発見します。そして、それこそが、遠赤外線で相手方に伝えられ、情報として作用し、生体に様々な作用を起こさせると考えます。

一方、品川氏は、脳波の測定によって、気功師が気を発するときに、アルファ波が前頭寄りに広がるという現象を発見します。そして、それもまた、気を受けた人に瞬時に伝えられ、同様の脳波をもたらします。これを、「脳波の同調現象」といいます。

このような脳波は、ヨガの行者など、熟練した瞑想家に現れることはあっても、通常みられるものではありません。従って、気によって、何らかの「情報」が伝えられて、相手方の生体に作用した結果とみるほかないものです。

この脳波の同調現象は、町氏の研究でも確かめられています。氏は、これは、先にみた、遠赤外線に乗せられた低周波や音波の情報が、相手方の脳に伝えられることで、起こるものとしています。その脳波の同調により、生体の様々な癒しの作用がもたらされるとするのです。

これらの研究は、「気」そのものを捉えたものではないですが、気を発するときに、それに伴って生じる現象が、はっきりと物理的に確かめられる形であることを示したという意味で、画期的なものといえます。

前回、神沢瑞至という気功師の、動物に対する気功の例をあげましたが、これらの研究も、「気」という、何らかの作用があることを、はっきりと目に見える形で、(物理的に)示したことになります。

ただし、繰り返しますが、これらは、「気」そのものを、物理的なものとして捉えたわけではありません。言い換えれば、気が、物理的なもので説明できることを、明らかにしたものではありません。品川氏も、気は、物理的なものとしてではなく、宇宙と人間をつなぐ、「見えない情報」として捉えています。町氏は、気の実際の現れを、「電磁波の一種である遠赤外線に乗った、1ヘルツの低周波又は音波という情報」として捉えたと言います。しかし、遠隔の気功の場合など、このような理解で、とても「気」のすべてを説明できるものではないことは、認めています。

電磁波は、距離の二乗に反比例して、エネルギーを減じますが、気では、そのようなことはみられないこと。電磁波を遮断する環境でも、働くことがあることなどからも、気は、物理的エネルギーそのものとは解し得ません。さらに、気は、特定の誰かに向けてなど、気功師の選択的な意思に基づいて、作用することからも、主観的な「意識」と強く結びついている、独自のエネルギーと解すべきものです。

気は、物理的なエネルギーそのものではなく、主観的な意識と結びついているが、決して、観念的、抽象的なものではなく、物理的エネルギーに近い作用をなすもの、あるいは、実際に、物理的エネルギーや情報を伴って作用することのあるもの、ということです。

湯浅泰雄著『気とは何か』(NHKブックス)も、気を総合的に考察して、「要するに、「気」とは主観的であると共に客観的であり、心理的であると共に生理-物理的でもあるような生命体に特有の未知のエネルギーである」としています。そして、「気の正体そのものはどんな感覚的手段によっても認識されることはない。なぜなら、そこには「心」のはたらきが含まれているからである。言いかえれば、実験科学的手段によって検出できるのは、生理的・物理的レベルにおいて表出される客観的な効果だけなのであって、気の存在そのものは、それらに基づいて単に推理されるにとどまる。」と言っています。

これらのことを総合的すれば、要するに、気は、「物質的なもの」と「霊的なもの(意識)」を媒介する、中間的なものということで、よいのではないでしょうか。

もちろん、物質科学的なレベルでの追求も重要なことですが、気功の研究が、現在行き詰まっているようにみえるのは、それのみでは、明らかにできる事柄が限られて来るからです。「物質的なものと霊的なもの(意識)を媒介する、中間的なもの」という視点から、視野を広げて、総合的に考察する必要があると思います。

なお、ブログ『狂気をくぐり抜ける』の記事『 「超能力」「気」と「量子力学」 』では、「物質」と「意識」の関係を考えるうえで、「気」という中間的なものに注目することの重要性について述べています。参照ください。

posted by ティエム at 18:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください