2020年04月10日

「捕食者」という捉え方 1-経緯

前回、「悪魔」という捉え方は、問題が多いことをみました。何しろ、「悪魔」というのは、人間の側からみて、「邪悪な存在」、「敵対する存在」ということで、観念的に押しつける面の強いものです。それは、その存在そのものの実質を、必ずしも、明かにするものではありません。

私も、初め、その強烈な攻撃性と、とても敵わないと思われる力、醸し出す雰囲気などから、この存在を、「悪魔」とみなさざるを得ませんでした。しかし、しばらく接するうちに、それは、(そうしたければできるはずなのに)必ずしも、私を殺そうとか、人間をなきものにしようとか、しているようには思えませんでした。

そして、この存在を、ほとんど常に、身近にする状況になったのですが、この存在は、私が、恐怖を感じているときは、非常に活気づきます。ところが、あるとき、私が恐怖をあまり感じないでいたとき、目に見えて、勢いを失っていくことを体感しました。それで、この存在は、こちらが恐怖によって、何らかのエネルギーを供給しない限り、それほど恐ろしいという訳ではないということに気づきました。

その後、この存在との関わり方も、それほど恐怖に満ちたものではなく、どこかに余裕ができ、大きく変わりました。(もちろん、なめられるような存在ではないし、その後、「境域の守護霊」の方が恐くなるなど、いろいろ紆余曲折はあります。)

私は、このようなことから、この存在は、どうも、「悪なる存在」というよりも、「恐怖を活力源にする」ということの方が、実質をよく表していると思うようになりました。

その後、前から、前著を読んでいて、自分の体験とも大きく重なる部分があると興味深く思っていた、カルロス・カスタネダの本で、『無限の本質』(二見書房)というのが出ました。これは、前著では触れられていなかった、「捕食者」という存在について、正面から説き起こしている、画期的なものでした。それは、私の接した、悪魔的な存在とも、見事に符合するものだったので、強い衝撃を受けました。

このような存在について、悪魔というのとは別の観点から、これだけ詳しく説いていたものがあったということ。しかも、それは、もともと興味深く思っていた、カスタネダの師ドンファンのものだということも、驚きでした。

この存在については、次回、その実質をより詳しくみますが、簡単に言うと、我々が発する意識のエネルギー、特に「恐怖」や「不安」などのネガティブな感情的エネルギーを食糧源にしている存在です(以下「彼ら」と言います)。

「捕食者」というのは、我々が、他の動物に対して「捕食者」の位置に立つように、人間に対して、「捕食者」の位置に立つということです。これは、キリスト教の発想の影響が強いのですが、我々人間は、他の動物に対して、食物連鎖の頂点に立つ存在のように思って来ました。そうすると、違和感が強いと思いますが、実際には、そうではなく(というか、まともに考えれば、そうであるはずがないのですが)、我々の上にも、捕食者の位置に立つ存在がいるということです。

ただし、この捕食関係は、物理的な成分だけについて言うのではなく、霊的(エーテル的)な「エネルギー」(要するに、既にみた「気」と思えばいいです)も含んだものです。

また、「捕食」と言いますが、実際には、彼らは、人間を、社会システムや信念体系を通じて、管理、飼育しているに等しく、むしろ「牧畜」と言った方が適確です。社会の直接の支配は、人間の支配層によってなされるとしても、その背後には、この存在の働きかけがあるということです。

ただ、人間が、牧畜を主としつつも、ときに野生動物を捕食することがあるように、この存在によっても、人によって(特にその飼育システムから外れる者)は、「捕食」そのものののような対象になります。

(「うつ」というのが、彼らに、飼育システムの中で、がんじがらめにされ、搾取される結果だとしたら、「統合失調」というのは、まさにそのように、飼育システムから外れる者への、特別の攻撃的な搾取の結果と言えます。)

先に、彼らは、人間を直接殺そうとか、なきものにしようとかしているようには思えないことを述べました。それは、要するに、人間は、彼らの食糧源だからです。彼らも、食糧源を、失ってしまうことは望まないのです。まさに、細胞に寄生するウイルスと同じようにです。

ただし、それは、人間から、「恐怖」や「不安」などの感情エネルギーを、徹底的に絞り取るためにこそ、生かすことを意味します。そして、そのために、冷徹かつ戦略的に、徹底して、働きかけます。私と接した存在も、直接的に、分かり易い攻撃を仕掛けるというよりは、とにかく、じわじわじわじわと、精神的に痛めつけるような言葉を発したり、意図の分かりにくい、曖昧な振る舞いや現象を演出し、恐怖を膨らませようとします。それが、途切れることなく、延々と続くのです。

これは、個人レベルのものですが、それを、人間の飼育のため、社会レベルで行うとき、彼らにとって都合のよい、人間をがんじがらめにする、社会システムを導くのです。恐怖や不安に動機づけられた、また、人間の本質を大きく制限する、常識や信念体系を与え、それを社会に行き渡らせることを通じてです。現代の高度産業社会のシステム、またその基礎にある、唯物論的、機械論的な信念などは、その最たるものです。また、現在みられる、コロナウイルスによる「パンデミック」の演出も、そうと言うべきものです。

こうみると、彼らは、シュタイナーの言う悪魔的存在、「アーリマン存在」と重なるところがあることに気づくと思います。

実際にそうで、私も、まず、自分が接した存在について、シュタイナーのいう、「アーリマン存在」こそが、見事に、適確に捉えていると思いました。「アーリマン存在」というのは、二系統の悪魔的存在として、一方の「ルシファー存在」との対比で捉えられたもので、人間を機械的、物質的な方向に導く存在という面が強調されます。

これだけからは、「捕食者」という面は、あまり表に出ないですが、シュタイナーも、アーリマン存在は、人間の中の、ルシファー的な性向から発する情念を「刈り取る」と言っており、実質、「捕食者」的性質があることになります。つまり、一見、異なる捉え方のようにみえて、実際には、かなり重なる部分があるのです。

しかし、私は、「捕食者」という捉え方は、「アーリマン存在」という以上に、実質を捉えている部分が多いと思います。何よりも、それは、人間の側の「善悪」の観念を離れた、客観的な見方を可能にします。さらに、「捕食者」という捉え方は、食物連鎖において人間の上に立つ存在を認めることで、逆に、人間の動物に対する関係を、改めて顧みさせる効果があります。

人間が、彼らを「悪魔」というなら、動物にとって、人間も「悪魔」にほかならないことになるでしょう。そのような生命の全体的な関係を、改めて見直す視点も提供するということです。

このようなことから、私は、彼らについては、「アーリマン存在」という見方も、受け入れつつ、「捕食者」という捉え方をすることにしています。

当時は、このような捉え方は、非常に異質だった感がありますが、最近は、割といろんなところで目にするようになりました。

たとえば、「レプティリアン」などの「ネガティブ系宇宙人」についても、人間に対する、捕食者的な支配者という観点から説明するチャネリングものも、よくみかけます。バーバラ・マーシニアックの『プレアデス+かく語りき』などは、その代表です。さらに、何度か触れた、デーヴィッド・アイクも、特に最近は、このような存在を、「捕食者」的なものとして捉える視点が、強まっています。

我々自身が、「善悪」の観念に捕らわれず、それを「卒業」することによって、このようなことが見えてくる要素が強いので、まさに、最近は、そのようなことが要請される時代になっているということも感じます。

そういうわけで、今回は、私が、彼らを、「捕食者」として捉えるようになった経緯と、理由を中心に述べました。なお、『狂気をくぐり抜ける』の方では、記事『ドンファンの言葉―「二つの心」と「捕食者」』が、アーリマン存在との対比について、また、記事『「捕食者」という理由』が、捕食者と呼ぶ理由についてまとめて述べていますので、そちらも参照ください。

posted by ティエム at 00:27
"「捕食者」という捉え方 1-経緯"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。